PC用サイトを見るSP用サイトを見る
成功する脂肪吸引は丁寧なカウンセリングから

  • メール相談
  • カウンセリング予約
成功する脂肪吸引は丁寧なカウンセリングから

  • 電話
  • メール相談
  • カウンセリング予約
HOME >  施術メニュー >  お腹周りの脂肪吸引

腹部の脂肪吸引

術前・術後写真 術前・術後写真

腹部の脂肪吸引:脂肪のつき方

女性のお腹周りの皮下脂肪は、
①下腹部(おヘソより下の部分)、 ②上腹部(おヘソから乳房にかけての部分)、③腰回り
と大きく3つに分けて考えております。

下腹部に多くついた脂肪は座った時などにいわゆる三段腹のようにボコンボコンたるんだようになりますが、皮膚に余裕のある姿勢を取った場合にたるんだようになるのは痩せている方でも当たり前の状態なので座った姿勢や前かがみになった姿勢での皮下脂肪の厚みはあまり気にすべきではないです。
あくまで真っ直ぐ立った状態でブヨブヨつまめる脂肪を吸引するのが脂肪吸引だとお考えください。

腰回りの脂肪はウェストのくびれ具合を左右する皮下脂肪で、少ないほど細く綺麗なウェストラインになります。

しかしこれらお腹周りのラインは皮下脂肪だけではなく腹筋によってベースラインが決まります。
適度な運動により腹筋を鍛えるのは綺麗なウェストラインの為の重要なポイントだとお考えください。
皮下脂肪と腹筋の位置関係は下のCT画像をご覧ください。

腹部の脂肪吸引:デザイン

腹部の脂肪吸引で何より重要なポイントは、前面をいかに凸凹なく自然に仕上げるかです。上腹下腹の範囲はフラットな面が大きく少しの凸凹も目立ちやすいので全範囲で繊細に吸引することが必要となります。 「360度どこから見ても美しいラインでつながっているなだらかなボディライン」を作ることです。ドレスでもローライズでも美しく映えるようなウエストラインとは、キュッと引き締まっていながらも、決して骨ばった感じのしないなだらかなカーブを描いているものです。
メリハリボディの要ともいえる場所なので脂肪吸引で最大限細く、最大限やわらかいボディラインを創造します。

腹部だけに限らず全ての脂肪吸引に言えますが絶対に吸引しすぎないこと。
筋肉質な方であれば簡単に筋肉が筋張って浮いて男性のように見えてしまいます。
極力脂肪は取り除くが決して筋肉が見えるような吸引はしない-これに尽きます。

腹部の脂肪吸引:傷の位置

腹部の脂肪吸引:ダウンタイム

腹部の脂肪吸引のダウンタイムを左右するのは以下の3つです。
① 内出血
② 腫れ=浮腫み(むくみ)
③ 痛み

腹部の脂肪吸引の内出血について
翌日あたりから出始め徐々に下がっていきながらほぼ1週間から2週間で引きます。
ソ径部(ビキニライン付近の毛の生える部位)に少し強く内出血が出現することが多いです。
内出血の正体は皮下脂肪層でこぼれた血液ですが、この血液は時間とともに皮膚の方に移動してきて皮膚越しに透けて見えるようになります。また時間とともに重力で体の下の方に下がっていきます。
腹部の脂肪吸引で内出血が太ももの方まで下りることが稀にありますが、正体は血液ですので2週間ほどで必ず吸収されますからご安心ください。

内出血の出方は個人差が大きいので、温泉や海など肌を出すご予定のある場合は2週間以上の余裕を持って手術のご予定をお立て下さい。

内出血の具合は個人差が大きいので、温泉や海など肌を出すご予定のある場合は2週間以上の余裕を持って手術のご予定をお立て下さい。

腹部の脂肪吸引:1週間後の状態

腹部の脂肪吸引の腫れ=浮腫みについて
翌日が一番強く浮腫みます。
内出血と同じくソ径部(ビキニライン付近の毛の生える部位)に強く腫れがでます。
脂肪吸引の量や圧迫の具合により腫れる位置と腫れの具合はかなり個人差が大きな場所とお考えください。
腰の背中側はあまり腫れは出ない部位です。
術後1週間で抜糸を行い、その日から入浴可能です(シャワーは手術翌日から大丈夫です)。
のんびり体を温めて頂きますと浮腫みが引くのも早くなるのでお風呂にゆっくりつかってください。

腹部の脂肪吸引の術後の痛みについて
腹部の脂肪吸引は上腹部や腰回りはそうでもありませんが下腹部(特におへその周り)は他の部位に比べやや痛みが強い部位です。そのため術後数日はどうしても前かがみな姿勢を取りやすいのですがその時期はお腹をまっすぐに伸ばしておくことが重要ですので、しっかりと圧迫し痛みを軽減させ背筋を伸ばした姿勢を保って下さい。
多くの方が最初の4,5日痛み止めをお飲みになるようです。が、それ以降は痛み止めを飲むほどではないという方がほとんどです。

腹部の脂肪吸引:術後の生活

当日~:圧迫の包帯もしくは圧迫下着はそのままでゆっくりお休みください。
    お食事は何を召し上がっていただいても結構です。

翌日~:圧迫の包帯もしくは圧迫下着を外してシャワーを浴びてください。
    シャワー後は圧迫下着を着用ください。

7日目:抜糸に御来院ください。
    抜糸後はお風呂でゆっくりお湯につかりお体を温めてください。

1ヶ月目:術後検診にお越し下さい。
    この時期は手術した範囲に硬さやツッパリ感が出ている頃です。
    状態についてご説明しますのでぜひお越しください。

3ヶ月目:
6ヶ月目:  術後検診時期は先のように数カ月おきで構いませんが、
9ヶ月目:  時期にとらわれずいつでもお気軽にお越しください。
12ヶ月目:

他のメニューを見る

Copyright © 2016 Clinic Hibiya. All rights reserved.

PC用サイトを見るSP用サイトを見る